【米作りデビュー!種まき作業】(2019/04/09)

 今年は米作りに挑戦します。デビューして最初の作業は種蒔きです。
 
 
 
 はい、どうもこんばんは~、稲作見習いこーじーです。
 
 とうとう、今年から米作りをしていきます。
 相模原市の小川誠さんのもとで、無農薬・不耕起の米作りを教わります。
 
 
 不耕起とは、耕さないと言う意味です。
 
 
 黒色の浅い箱に土・種・土の順に入れていくことで苗床を作っていきます。
 
 
 では、やった作業を順番に書いていきますね。
 
 
 1. 土に肥料を混ぜる
 
  無肥料の土に育苗用の肥料を混ぜていきます。大きなたらいのような箱に土と肥料をいれて、大きなシャベルで、混ぜ合わせていきます。これがかなりの重労働。腰を傷めないようにやるにはコツが必要です。
  
  

大きなシャベルを使って土と肥料を混ぜます
大きなシャベルを使って土と肥料を混ぜます

 
 
 
無肥料の土
無肥料の土

 
 
 
育苗用の肥料
育苗用の肥料

 
 
 
 2. 機械を利用して苗箱に土を敷いていく
 
  土を敷くのは機械がやってくれるので、人間がやる作業は、
  ・空き箱を機械にセットする
  ・土を補充する
  ・完成した箱を機械から取り出す
  と言う作業です
  
 
苗箱に機会を使って土を敷いている所
苗箱に機会を使って土を敷いている所

 
 
 
 3. 機械を利用して、種をまき、土をかぶせる
 
  種まきと土をかぶせるのは機械がやってくれるので、人間がやる作業は、
  ・2.でできた箱を機械にセットする
  ・種籾を補充する
  ・土を補充する
  ・完成した機械から苗箱を取り出す
 
 
 【ポイント】
 2.で敷く土には肥料が混ざったものを、
 3.でかぶせる土には無肥料のものを使います。
 
 
種籾をセットする箱
種籾をセットする箱。ここから機械が種を取り込んで蒔いてくれます

 
 
 
機械が種を蒔いている所
機械が種を蒔いている所。このように筋状に蒔きます。

 
 
 
 4. 完成した苗箱を田んぼに並べる
 
  平らに並べる必要があります。苗箱に水を与えるときは、田んぼに水を張ります。そのときに高さにばらつきがあると、すべての苗箱に均等に水やりが出来ないからです。
 
 
出来上がった苗床をトラックに積んで、田んぼに運びます。
出来上がった苗床をトラックに積んで、田んぼに運びます。

 
 
 
苗床を田んぼに並べた所
苗床を田んぼに並べた所

 
 
 
 5. 苗箱に専用のシートを被せる
 
  かぶせるシートは下記の用件を満たした専用のものがいいです。
  
  ・保温性が高い
  ・保湿性が高い
  ・光は通す
 
 
 この日は、210個の苗床を作りました。
 
 
 
 いやぁ、いろいろ勉強になるなぁ。
 
 
 こーじーの場合は、機械を使わずに人力で作業をしていきたいので、いろいろ工夫が必要だなぁ。
 
 
 
 来週も学びに行きます
 
 
 
------------------------------
最後までお読みいただきありがとうございます。
感想や質問、要望など頂ければ励みになります。
また、農園の見学や農作業したい、共に活動したいなどのお問い合わせもお待ちしています。
 
 
 
にほんブログ村 花・園芸ブログ 自然農・自然農法へ
↑↑↑
ランキングに参加していますので1日1クリック
 
ご協力よろしくお願いします。
 
 
 
#自然農
#半農半X
#自給自足
#横浜
#稲作
#米作り
#不耕起
#無肥料
------------------------------

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください