【自然農】自家採種を人類に例えてみたらヤバかった!人参の種を蒔きながら・・・(2019/03/06)


 
 人参の種降ろしをしました。作業をしながら、自家採種について話しました。自家採種を人に例えると・・・
 
 
 
 はい、どうもこんばんは~、こーじーでございます。
 
 今日の作業は人参の種降ろしでございます。今回使用する種は、黒田五寸人参でございます。長崎県黒田氏が育てた日本の西洋人参の元祖という、由緒正しい種でございます。
 
 
 
 さて、こーじーは、固定種、もしくは、在来種、という種のみを使用して農業をしております。(たまに実験のためにF1種を育てることもあります)
 
 
 
 そんな種についてお話したいと思います。
 
 
 
 自家採種は大事です!
 
 どうして大事なの?
 
 そんなお話です。
 
 
 
 自家採種をしないとどうなってしまうの?
 
 そう、種を買わないといけないですね。
 
 いやいや、買えばいいじゃん
 
 
 って思うと思います。
 しかし、買わないといけないということは・・・
 
 
 
 もし、売ってくれなくなったらどうする?
 
 買えるとしても、欲しいものが買えなかったらどうする?
 
 例えば、こーじーは固定種とか在来種のお野菜を育てたいわけですが、それが買えなかったら・・・
 
 
 
 F1種しか売っていない・・・
 
 遺伝子組み換えの種しか売っていない・・・
 
 
 
 そしたら、作りたいものが作れなくなりますね。
 
 
 
 さらに、自家採種を人類に例えてみました。
 そしたら、農業ではとても悲しいことが行われていることに気づきました。
 
 
 
 人間の一生を考えてみましょう。
 
 
 
 赤ちゃんが生まれる
 
 育って大人になる
 
 好きな人ができる
 
 結婚して子供が生まれる
 
 
 
 ここで、自家採種を人間に例えてみると・・・
 
 子供ができない、子供がいないということですね。
 
 
 
 SF映画じゃないけど、精子バンクから買ってこなきゃいけないなんてことになる。例えば、人工授精しなければならない・・・
 
 ※不妊治療をされている方、気を悪くしたらごめんなさい
 
 
 
 これでは人類が存続しない・・・
 
 
 
 だけじゃなく、子供がいないって悲しいですよね。
 
 
 
 植物だって、お野菜さんだって、子孫を残したい・・・
 
 そう思うんじゃないかな。
 
 
 
 そんなことを考えているこーじーでございます。
 
 
 
 よかったら動画を見てください。
 
 
 
------------------------------
最後までお読みいただきありがとうございます。
感想や質問、要望など頂ければ励みになります。
また、農園の見学や農作業したい、共に活動したいなどのお問い合わせもお待ちしています。
 
 
 
にほんブログ村 花・園芸ブログ 自然農・自然農法へ
↑↑↑
ランキングに参加していますので1日1クリック
 
ご協力よろしくお願いします。
 
 
 
#自然農
#半農半X
#自給自足
#横浜
#自家採種
#種の保存
#人参の種蒔き
------------------------------

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください