【当たり前の生活が失われたら】

 産土(うぶすな)という映画を見てきました。さらに 岡本 よりたか さんの講演も聞けました。
 
 はい、どうもこんにちは〜、こーじーでございます。
 
 今日は映画を見て感じたことを書きたいと思います。
 
 
 

産土上映会
産土上映会

 
 
 
 こーじーは農業をするので、そのあたりの話にやはり関心が高くなります。映画の中で、農家の方の活動について話されている言葉が印象的でした。
 
 
 「なぜ、そのようなことができるのですか?」
 「当たり前の生活をしているだけですよ。」
 
 
 何が当たり前なのか・・・
 
 
 自分で作ったものを食べる
 地元で取れたもので学校の給食を作る
 →全国平均の3倍位の自給率だそうです
 
 
 確かに、あたりまえのこと・・・
 
 
 しかし、どこを見渡してもそれができているところが、あまりに少ない。
 
 なぜ、日本にあるものを使わずに外国のものを作るのか
 
 
 こーじーも不思議でなりません。
 
 
 木材も同じですね。
 
 こんなに杉の木があふれているのに、外国の木を使っています。
 
 
 
 そして、今日の大きな学びは、
 
 
 「山が恵みの源」
 
 
 ということです。
 
 
 山が保水する水
 山の木が吸い上げるミネラル
 
 
 これが、伏流水や川を伝って、平野や海を豊にします。
 
 
 しかし、それは山に生えている木が広葉樹だからです。
 
 現代のように針葉樹ばかりになってしまっては、保水力もなくミネラルも供給されません。
 
 
 
 こーじーも、畑だけでなく、山にも意識を向けようと考えるようになった・・・
 
 そんな一日になりました。
 
 
 
------------------------------
最後までお読みいただきありがとうございます。
感想や質問、要望など頂ければ励みになります。
また、農園の見学や農作業したい、共に活動したいなどのお問い合わせもお待ちしています。
 
 
 
にほんブログ村 花・園芸ブログ 自然農・自然農法へ
↑↑↑
ランキングに参加していますので1日1クリック
 
ご協力よろしくお願いします。
 
 
 
#自然農
#半農半X
#自給自足
#横浜
------------------------------

スポンサードリンク



2 thoughts on “【当たり前の生活が失われたら】

  1. 松井 務 返信する

    前日、佐久で映画を見岡本さんの講演を聞きました。
    山の恵みを感謝し、田畑を耕す事をこれからも実践して行きます。

    • こーじー(幸ノ介) 投稿者返信する

      松井さん、コメントありがとうございます!

      とても考えさせれる映画でしたね。そして、岡本さんの講演も深い!

      ぜひ、松井さんの活動を継続されてください。そして、できればたくさんの方に伝えてください。
      こーじーも続けていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください