【共生とは何か・・・ ツタンカーメンエンドウの種蒔きしながら語る】(2018/11/05)


 
 先日、スナップエンドウの種降ろしと一緒にやろうとしていたツタンカーメンエンドウの種降ろし、本日行いました。そして、こーじーが考える自然との共生について語りました。
 
 
 
 はい、どうもこんばんは~、こーじーでございます。
 
 今年最後の種降ろしは、ツタンカーメンエンドウとなりました。11/3にスナップエンドウと一緒に種降ろしをしようと思いましたが、同じ畝に植えるのを避けるため、別の畝を用意して本日降ろしました。
 
 
 
 そして、作業に入る前に、最初に降ろしたスナップエンドウの育ち具合を紹介しました。そしてそして、誤って刈ってしまった赤にんにくについてもお伝えしました。
 
 
 
 そして今日の本題、ツタンカーメンエンドウの種を降ろす作業を行いました。作業をしながら、こーじーが考える自然との共生について語りました。自然と共生するとはどういうことでしょうか。
 
 
 
 もし、共生について思うところがございましたら、ぜひコメントくださいませ。
 
 
 
------------------------------
最後までお読みいただきありがとうございます。
感想や質問、要望など頂ければ励みになります。
また、農園の見学や農作業したい、共に活動したいなどのお問い合わせもお待ちしています。
 
 
 
にほんブログ村 花・園芸ブログ 自然農・自然農法へ
↑↑↑
ランキングに参加していますので1日1クリック
 
ご協力よろしくお願いします。
 
 
 
------------------------------

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください