【これだけは満たしておきたい!田んぼの立地条件】(2018/07/14)

 先日
 
 「田んぼや畑はどういうところにあればいいの?」
 
 について投稿しました。引き続きこのテーマで投稿します。これは、 @小川誠 さんとの会話の中で学んだことでございます。
 
 
 
 今回は、何はともあれ「これだけは」という条件について考えてみたいと思います。
 
 
 

スポンサードリンク



 
 
 
 
 
 
 さて、あなたなら田んぼの立地でなにが一番大事ですか?
 
 
 

不耕起・無農薬の田んぼ
不耕起・無農薬の田んぼ

 
 
 
 小川さんに教えていただき、コージーも「それだ!」と思ったのは・・・
 
 
 
 「エネルギーなしに水が手に入る」
 
 
 
 ということです。小川さんの田んぼでは、豊富な水が用水路を流れています。これは、ポンプをつかって汲み上げる必要もなく、雨水が川となって自然と流れてくるものを利用しているそうです。
 
 実は、農業用水をポンプ等を使って汲み上げているところが意外に多いそうです。コージーが初めて自然農を習った横浜市の田んぼでも汲み上げておりました。
 
 
 
 そうなると、いざというとき・・・、例えば停電してしまったとき、水がなくて米が作れなくなるという事態になりかねません。
 
 
 
 というわけで、コージーがこれから探していく田んぼは、この条件だけは満たす場所にしようと思います。
 
 
 
 ちなみに、自然農の畑では、ほぼ雨のみで野菜を育てることができますので、この限りではないと思います。あくまで水稲栽培用の田んぼの立地条件として考えております。
 
 
 
------------------------------
最後までお読みいただきありがとうございます。
感想や質問、要望など頂ければ励みになります。
また、畑の見学や農作業したい、共に活動したいなどのお問い合わせもお待ちしています。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 自然農・自然農法へ
↑↑↑
ランキングに参加していますので1日1クリック
ご協力よろしくお願いします。

------------------------------

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください