【寒さ対策Ⅱ 落ち葉が風で飛ばされちゃうのはどうしたらいい?】(2017/12/20)

 畑の土が裸状態で野菜さんが寒そう・・・ というわけで、今回も寒さ対策です。前回は銀杏の葉でしたが、今回は広葉樹の葉で行いました。
 
 
 
 さて、以前銀杏の葉で寒さ対策をしていたら、「銀杏の葉は良くないよ」とのご指摘を頂いていました。今回、銀杏の葉ではなく公園に生えている広葉樹の落ち葉にしました。それは、銀杏の葉がダメだという結論になったからではありません。
 
 
 理由は
 ・近所の公園周囲の歩道にたくさん落ちていたから
 
 という「そこにあったから」的な安直な理由です。
 
 
 
 ※銀杏の葉に関しては、コメントもたくさんいただきまして、考察しておりますので、また別の機会に書きます。
 
 
 
歩道の落ち葉
歩道の落ち葉。これを拾い集めます
 
 
 

スポンサードリンク



ポリ袋に入れた落ち葉
ポリ袋1つ分の落ち葉を集めました。なるべく、歩道の真ん中で歩行者に踏み潰されて細かくなっているものを拾いました。
 
 
 
落ち葉の覆いが飛ばされてしまって、裸状態の畑
落ち葉の覆いが飛ばされてしまって、裸状態の畑
 
 
 
畑に落ち葉を被せたところ
畑に落ち葉を被せたところ
 
 
 
 さて、前回、銀杏の落ち葉で寒さ対策をしたのですが、強風でほとんど飛ばされてしまいました。これどうしたらいいんでしょう? なにか妙案をお持ちの方がいましたら、コメントお願いします。
 
 
 というわけで、私が考えた対策は、「細かく砕いて」畑にまくというものです。葉がまるまるそのままの形では、風を受ける面積が大きく飛ばされやすいのではないかということで、手もみして砕いてみました。
 
 
 
 多少は、飛ばされてしまうとは思いますが、効果があると良いのですが・・・ 
 
 
------------------------------
最後までお読みいただきありがとうございます。
感想や質問、要望など頂ければ励みになります。
また、畑の見学や農作業したいなどのお問い合わせもお待ちしています。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 自然農・自然農法へ
↑↑↑
ランキングに参加していますので1日1クリック
ご協力よろしくお願いします。

------------------------------

スポンサードリンク