【畑における草の役割】

先日、【草は敵ではありませんよ】という記事を書いたら、大きな反響を頂きました。
 
 
 
こちらは、小麦の畝の草たち

小麦
小麦

 
 
 
農業の常識とは大きく異なるからですよね。
 
 
 

スポンサードリンク



 
 
 
 
 
 
では、草にはどんな役割があるのでしょうか。
 
 
 
保温、保湿、土を砕く、虫から守るなどがありますが、最も大きいのは、
「その土地に最も不足しているミネラルを補う」
というものです。
 
 
 
草は生体原子転換によって、ミネラルを生成することができます。しかも、優秀なのは、その土地に不足しているものを生成する草が自然と生えてくるということです。
 
 
 
「循環農法」の赤峰勝人さんは、「自然界に雑草という草はない。すべての草が、光合成と原子の転換を行いながら、働きの違うミネラルを作り出す使命を持っている」と、言っています。
草は偉大です!!
 
 
 
------------------------------
最後までお読みいただきありがとうございます。
感想や質問、要望など頂ければ励みになります。
また、畑の見学や農作業したい、共に活動したいなどのお問い合わせもお待ちしています。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 自然農・自然農法へ
↑↑↑
ランキングに参加していますので1日1クリック
ご協力よろしくお願いします。

------------------------------

スポンサードリンク