その土地に必要な物質を補うように草が生える!

昨日の畑の教室で学んだことで、もう1つ印象に残ったことがありました。草が果たす役割についてです。
その土地土地に於いて、土の中に足りている物質、足りていない物質があります。不思議なことに足りていないものを生産できる草が自然と生えてきてそれを補うというのです。例えばカルシウム不足の土地ではスギナが生えて、カルシウムが補われます。そしてカルシウム不足が解消されれば、次に足りない物質を補う草が生えてきます。一通りバランスのとれた土地にはススキが生えるそうです。そしてその後木が生えて森林になっていきます。
おお〜! なんと自然の完璧なことか!!
人間はどうして草を抜き除草剤を撒きわざわざ肥料を与えているのだろう?
無駄ばかりですね。
勉強になります。

スポンサードリンク



にほんブログ村 花・園芸ブログ 自然農・自然農法へ
↑↑↑
今日も江ど間のまんま農のブログをのぞきに来てくださってありがとうございます。
ランキングに参加していますので1日1クリック
ご協力よろしくお願いします。